2016年01月05日

次はシリア市民を支援」 ノーベル平和賞の

イエメンで反サレハ政権デモを引っ張り、昨年のノーベル平和賞を受賞した人権活動家タワックル・カルマン氏(33)がこのほど、訪問先のニューヨークで朝日新聞など一部メディアと会見した. カルマン氏は「次はシリア市民の支援のために働くつもりだ」と述べ、シリア民主化へ国際社会の支援を訴えた. カルマン氏は「市民弾圧を続けるアサド政権に正統性はない」として退陣を要求、反体制派のシリア国民評議会への支持を呼びかけた. その上で、ロシアと中国を名指しし、国連の安全保障理事会で対シリア制裁決議案に拒否権を行使したアサド政権寄りの外交方針を見直すよう要求した. New Balance 576 アサド政権が急に崩壊した場合、過激派の流入や宗教対立の深刻化が懸念されていることについては「シリア市民はアサド政権後、必ず協力して自分たちの国を再興する. 私は確信している」と述べた.
posted by FuruyaYoshino at 00:23| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。